35歳で初めてMac買って、iOSアプリを作ってみる。

~アプリ作らず、ブログをプロデュース~

【拡散】情報を隠すことが困難な時代なので、情報を共有することのメリットを生かそう。【拡散】

どうも〜、隠し事が苦手なトリプロデューサーです。

だから、開き直って曝け出す道を歩んでいるわけだが。

 

 

ハンドメイドポップアップの本―世界でひとつ、飛びだすカードの作りかた

 

 

 

ネットに繋がっていることが当たり前の時代に、情報を隠すのは難しい。

 

世の中には、オイシイ情報というのが存在する。

その情報を知っている人だけが、旨味を得られるといった類いのものだ。

 

一昔前までは、本当にオイシイ情報は、なるべく人に教えないようにすることが基本だった。

広めてしまうと、その情報の価値が薄まったり、オイシイ思いをしづらくなったりするからだ。

 

でも、スマホで手軽に情報が得られて、何かあるとツイッターでどんどん拡散されてしまうような時代である。

オイシイ情報を隠すというのが、難しい状況にどんどんなっている。

 

 

一方、共有した方が良い情報も存在する。

 

情報を独り占めしてオイシイ思いをするのが難しいのだから、むしろ情報を共有することのメリットを生かした方が良い。

 

例えば、公共のサービスで、便利なのにあまり知られていないようなものなどは、どんどん拡散した方が良い。

公共のものは、適切に利用されることで、価値が保たれるという側面が大きい。

 

図書館とか、本当に便利になってるよ。

ネットで本の予約とか出来たりするし。

 

 

情報を見せることで、意外な効果もある。

 

今だと、スマホとかでも手軽に写真や動画が撮れたりするでしょ。

そして、それを簡単にツイッターやブログで拡散できる。

 

だったら、見せた方が良いものはどんどん見せるようにした方が良い。

 

経費で落とすものとか、なるべく写真に収めてブログに上げて証拠として残しておいた方が良いだろうし。

適切に経費を使うことは、やましいことでも何でもないはずなんだから、ハッキリと主張した方が良い。

 

 

あと、抑止力の観点でも、情報は見せた方が良い。

 

防犯カメラの映像とか、リアルタイムで外に見せた方が良いでしょ。

見せていることをアピールすることで、おかしな行動を取りづらくなる。

 

 

<結論>

曝け出せるものは曝け出してしまおう。

 

まあ、自分の場合は、単に目立ちたがりの見せたがりなだけなのかもしれないが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク