35歳で初めてMac買って、iOSアプリを作ってみる。

~アプリ作らず、ブログをプロデュース~

体調が良いときほど、体調が思わしくなくなったときのための環境を整える

 どうも~、ヒザの調子が思わしくないトリプロデューサーです。

もう、かれこれ2週間以上、右ヒザが痛い状態。

まあ、36歳ですからね。少しずつ身体にガタが来始めてる年齢なのだろう。

 

 

9割の体調不良は姿勢でよくなる 中経の文庫

9割の体調不良は姿勢でよくなる 中経の文庫

 

 

去年は、下半期にずっと腰痛に悩まされてた。

それまでは腰痛の気配なんか、全く無かったんだが。

今後、ずっと腰痛持ちだったらキツイな~怯えてたわけだが。

 

そしたら、今年に入ったら腰痛は全然出てこなくなって、助かったな~と。

今年は去年と比べたら、すこぶる体調が良い日が多かった。

 

で、このまま今年は逃げ切れるかな~と、思ってたんだが。

ここに来て、ヒザ痛が来てしまった感じ。逃げ切れなかった。

ちなみに、ヒザ痛も今まで来たことが無かった。

まあ、結構歩いたりすることが多いから、いつ来てもおかしくは無い生活ではあったんだが。

 

 

でもね、アラフォーになってくると、体調が常に万全ってことは無いなってことを、うすうす感じ始めるんだよね。

バイオリズムってものがあるからね。良いときもあれば悪いときもあるって感じで。

 

だから、体調が良いときに行動の基準を合わせちゃうと、どこかに無理が生じてしまう。

自分の身体とは、一生付き合っていかなきゃいけないわけで。

良いときも悪いときも受け入れていくしかない。

 

 

とりあえず一人でコツコツ系の作業で、やりたいことが色々積もり積もってる感じなので、ヒザが痛い間はそれらをこなしていこうかなと。

出歩くのが意外と好きなんで、ヒザ痛でも起こらないと籠って作業をしようと思わない気がするし。

 

若いうちは、とにかく高パフォーマンスをすることを目指していけば良いと思うんだが。

ある程度の年齢になったら、体調が思わしくないときでも、それなりのパフォーマンスを出せることの方が重要になってくる気がする。

 

だから、体調が良いときには、体調が思わしくなくてもできる作業を考えておくと良いのかもしれない。

あと、部屋の片付けとか掃除は、体調が良いときにやっておきたいよね。そうすると、体調が思わしくないときに動きやすくなる。

 

 

そんな感じで、ヒザ痛になってしまったのは仕方ないから、しばらくの間はデスクワーク中心の作業の中でやりたいことを詰めていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク