35歳で初めてMac買って、iOSアプリを作ってみる。

~アプリ作らず、ブログをプロデュース~

とりあえず本に書かれてある通りに手を動かしてみる。

どうも〜、アプリ開発って何から手を付けていいのやらと、ひたすらオロオロしていたトリ無双です。

 

アプリ開発について、ネット上の記事や動画だけで知識を得ていって、本の類いは一切読まないという人もいるっぽいのですが。

 

どうも、自分は紙の本でないと、学習する意欲が湧きづらいみたいなんだよね。

まあ、35歳のオッサンなんで、勉強は本を使うものという意識がこびり付いてる世代なのかもしれないがw

 

ちょっと前に買った↓の本を取り出して、書いてある通りに手を動かしてる真っ最中です。

 

 

中学生でもわかる iOSアプリ開発講座

中学生でもわかる iOSアプリ開発講座

 

 

まあ、練習用アプリの作成について、1から丁寧に図入りで書いてあるんで、何もわからないズブの初心者にはありがたい限り。

ただ、対話形式になってるんだけど、女子生徒の物分かりが良すぎる気がw

 

 

さて、勉強といえば、トリ無双は昨年に宅建を受けてなんとか一発合格をしてるんだけれども。

アプリ開発の勉強も宅建の勉強もやり方のコツで似たような部分がありそうだなと。

 

とりあえず、1ページごとに書いてあることを全部理解して進んでいくよりも、わからなくても無理矢理進んで、とりあえず参考書1周した方が理解が早い感じがする。

 

宅建の勉強との比較について、次回の記事に書こうかな。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク