35歳で初めてMac買って、iOSアプリを作ってみる。

~アプリ作らず、ブログをプロデュース~

初めてのMacはMac miniにしたけれども、たぶん大正解。

とりあえず、自分の初めてのMacでのPC環境をAmazon絡めながら紹介してみよう。

この紹介まで終わったら、ホントにアプリ制作を開始しよう。

 

 

さて、Macを最初に買うにあたって、どのMacにしようか色々考えましたが…

自分は、Mac miniにしました。

コスパ良さそうで、快適な環境作れそうかなと。

ってか、Mac miniのデザインが愛らしくてカワイイし。

 

で、トリ無双の買ったMac miniは↓のヤツ。

 

ちなみに、届いたときに最初に感じたのは「miniなのに、意外とデカイ」ということ。

ググったら、だいたいの人はそう感じるようだ。

 

 

で、ディスプレイはAcerの23型ノングレア液晶のモニターが安くて評判良さそうだったんで、あまり深く考えず購入。(プログラミングとかやる場合には、ノングレアを選んだ方が良いようだ)

ちなみに、現在Amazonで取り扱ってなかったんで、リンクなし。

 

ただ、ディスプレイにスピーカーがついてなかった。

ってことで、スピーカーを購入。

 

で、接続してから気付いたんだけど、Mac miniに一応スピーカーが内蔵されてるんだね…。

早く言ってよ。いかにも無さそうな見た目じゃん。

まあ、音質にこだわるタイプじゃないけれども、デザインがカワイイから良いか。

 

 

そして、Mac mini のサンダーボルト端子でWindows用のディスプレイに繋ぐための変換ケーブルが必要ってことで、↓の変換ケーブルを購入。

 

で、このケーブルで全く問題なく使えるんだけれども…。

Mac miniにもディスプレイにもHDMI端子ついてるから、HDMIケーブルで繋げばそれで良かったっぽい。

 

ただ、マルチディスプレイとかテレビに接続したりする際には、上記の変換ケーブルでサンダーボルト端子使って、1台目のディスプレイを繋いどいた方が良いようだ。

まあ、作業場に置いてあるテレビには、HDMI端子無いから繋げられないんだけどさ。

ちなみに、YouTubeやらニコニコ動画やらの動画を見ることが多いという人には、Mac miniとテレビの組み合わせは最強らしい。

 

 

あと、キーボードだけはApple純正のものを使った方が良いということらしいんで、キーボードを購入。

 

このキーボードは、かなり気に入ってる。

スタイリッシュでカッコいいし、使いやすい。

ちなみに、USBポートが左右に1個ずつついてる。マウス用のUSBに使うと良い感じ。

 

一応マウスは↓を購入。マウスはWindows用で、全然問題ないですよ。

 

あんまりマウスにこだわりが無いんで、適当に人気のヤツを。

ちなみに今までWindowsのノートパソコン使ってたけど、、長らくの間タッチパッドだけで操作してたんで、マウスが無かったw

 

 

 

と、こんな感じのMac mini環境です。

 

文中にもチラっと書いたことの補足として…、

HDMI端子がついてるテレビがご家庭にある方は、そのテレビをMac miniのモニターにできるので、相当安上がりでMac miniを使える環境を作ることが可能です。

ただ、iOSアプリ開発で、テレビをモニターとして使ったら目がやられそうではあるかなとw

 

 

さて、これでiOSアプリを作ることが可能なわけですが…

なんと、トリ無双はiPhoneを持ってなかったりします。

で、iPhone買うとなると、中古でも結構高いんだよね。

携帯会社をあんまり通したくなかったりするし。

 

で、どうしようかな~と考えた挙句、↓を購入。

 

iPhone買わずに、iPod touchを買っといたw

まあ、iPhone5とiPod touch 第五世代って、画面サイズと解像度が一緒のようだし。

pocket WiFiは持ってるんで、実機での動作確認メインだったらこれで良いかなと。

 

でも、iOSアプリを作るのに、iPhone買わないヤツってオレ以外にいるんだろうかw

 

<追記>

現在はiPhoneは持ってますw

そして、アプリは作らずにこんなブログをやってたりします。

 

 

toriproducer.hatenablog.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク